リブラ舎の「この世」のしごと

編集ライター・リブラ舎です。本と雑誌、WEBもいろいろつくります。仕事履歴、日々の雑感を綴ります。

香港で買った亀の印鑑の正体を知りたい

f:id:libra-edit:20180114105349j:plain

f:id:libra-edit:20180114105400j:plain

f:id:libra-edit:20180114105410j:plain

f:id:libra-edit:20180114105425j:plain

約10年前、社員旅行で香港に行った際、骨董品屋でひとめぼれして、店のおじいさんに「いくらですか?」って聞いて、言い値で買った、この亀の印鑑。

たぶん、日本円で1万円くらい。親亀の中に、子亀3体が収納できるようになっていて、子亀1体が背中にのっていて、でもなぜか、背中の子亀は甲羅の中身が鳥になっている。

すべて印鑑になっていて、鳥の裏は「吉」と1文字の印鑑。その他は読めず。

買ったとき言葉がわからず、年代とか、使用用途とか何も聞かずに買ってしまって、

ずっと部屋に飾ってたんだけど、今になって、いつの時代のものなんだろう、なんて書いてあるんだろう、何に使うんだろうと気になって仕方ない。

「ネットでなんでもわかる時代」だけど、めぼしい情報は見つからず。

1つだけ、似たものが検索で出てきた。

blog.goo.ne.jp

黄河文明の青銅印?

だったらすごいけど、それを模倣してたくさん作られたものだったりするのかな。

いずれにしても、この知りたい欲求をどうしたものか。こちらが完全に無知だから、骨董品屋さんに持っていっても騙されるような気がするし。

(安く買い取って高く売るのが商売でしょ。こちらに本当のこと話してくれるんだろうか)

知りたくても知る手段がわからない…ということがすごく気持ち悪い。何かいい方法はないものか。お宝鑑定団、出たいな。