リブラ舎の「この世」のしごと

編集ライター・リブラ舎です。本と雑誌、WEBもいろいろつくります。仕事履歴、日々の雑感を綴ります。

「グルっとまるごと栄村100kmサイクリング」に参加してきた

f:id:libra-edit:20170808172347j:plain

 

f:id:libra-edit:20170808172241j:plain

 自転車はじめて以来、仲間からずーっと「栄村出ようよ」「栄村出ないの?」「めっちゃ楽しいよ」「ちょーきついよ」「絶対大丈夫だって」「50kmコース?いやいや100kmでしょ」「地獄ですよ」

と、誘われたり脅されたりしてきた「グルっとまるごと栄村100kmサイクリング」に8/6、参加してきました。 結果、みんなが言っていたこと全部本当でした。発見。天国と地獄は共存する。距離105km、高度上昇2409m、消費カロリー3004kcal。肺の奥に吸い込む山の空気、見る余裕ないけど、過ぎていく絶景。ツラ楽しい道中でした。 途中、3粒くらい泣き、これはもう足切りペースだわと思って、諦めそうになりましたが、仲間のおかげで完走することができた。個人的には、後半、土砂降りの雨に降られて、涙も汗も泥も日焼け止めも洗い流されたあたりから、元気になった気がします。水たまりができているガタガタ道の狭い下りで、「あー、今、一瞬でも気を抜いたら死ぬわ」って考えていたら、脳内で弱ペダソング再生がはじまり、何か吹っ切れたのを感じた(遅い)。追い込まれるのは、嫌いではないようです。 最後の登り、仲間がわざわざ引き返してくれて、横でZARD「負けないで」かけてくれて、で、みんなでゴール。こんな最高なのアリかよ。夏の一大イベントが終わりました。
夏休みって、大人になってもあるんですね。「終わらないでくれ」と思えるくらいの、短くも凝縮した夏休み。みなさまありがとうございました。