リブラ舎の「この世」のしごと

編集ライター・リブラ舎です。本と雑誌、WEBもいろいろつくります。仕事履歴、日々の雑感を綴ります。

ブリヂストンcittaがスーパーチッタに生まれ変わった!

f:id:libra-edit:20160124001702j:plain

2010年にブリヂストンから発売された、「大人の小径スポーツ車」チッタ。

500台限定発売にもかかわらず、ずーっと残っていたという、人気のないモデルだけど、私にとっては思い入れのある自転車で、外苑前のショールームで、営業時間外にガラス越しに見てひとめぼれして、そこからいろいろ調べて一大決心して買って、ママチャリとは違うスピードに、自転車に乗ることそれ自体が楽しいとはじめて感じた。
全体に細くて、トップチューブがすっと上がっているところとか、とにかくシルエットが好きで、とても気に入っていた。

ロードバイクを買ったことで、使用頻度が減ってしまうだろうと思ったけど、全然そんなことはなかった。
むしろ、自転車愛が高まったことにより、打ち合わせとか買い物とか、自転車で行きたいと思うようになり、しかしロードバイクでは不都合なことも多く(盗難とか)、チッタで行くこともたびたびあった。

でもロードバイクに慣れると、スピードがものたりなくなるんですよねぇ。頬に当たる風がぬるい!みたいな。

チッタで、もっと早く走れたら…という思いが強くなり、改造計画を立てました。ブルホーンハンドルをドロップハンドルに。サーヴェロについてた105のクランクをチッタに移植。サーヴェロのほうはアルテグラに。そうすればサーヴェロもグレードアップできてムダがないじゃん?

ということで、サイクルステーションハヤシさんの手により、スーパーチッタに生まれ変わりました!

BEFORE

f:id:libra-edit:20160124001705j:plain

 

AFTER

f:id:libra-edit:20160124001702j:plain


今日軽く試走して、これまでとまったく違う走りに感動。速い、軽い、力が伝わる、応えてくれる。これはもはやロードバイク。そして黒い部分が増えたことにより、超かっこよくなっている。セクシー!どこまで行けるかな。ガンガン乗っていこうと思います。

白いサーヴェロと黒いチッタ、良いコンビだなあ。